2010年01月23日

ゲームというジャンルも衰退し続けていくのかな?悲しいけど

〜『ゼルダの伝説』80本が『ヤフオク』で20万円! 面白いゲームが売れない時代へ〜

 いくら良質なゲームを作っても売れない時代に突入か? そう思ってしまう出来事が発生している。任天堂の人気ゲーム『ゼルダの伝説 大地の汽笛』がインターネットオークションサイト『Yahoo!オークション』(以下、ヤフオク)に80本も出品されているのである。80本は問屋が販売店に納入するときの箱に入っている数で、80本で1箱として販売店に売られている。つまり、出品者は箱ごと『ヤフオク』に出品しているのだ。しかもすでに落札した人がおり、落札価格は206999円となっている。

 『ゼルダの伝説 大地の汽笛』は税込みで4800円なので、80本を定価で買ったとなると384000円となる。今回は約20万円で落札されていることから、1本2500円で販売したことになる。

 『ゼルダの伝説大地の汽笛』は発売から数日で極端な値崩れを発生させており、3000円前後で販売している店もあったほど。しかも『ゼルダの伝説大地の汽笛』を80本出品した人物は、また新たに80本を出品している。いったい何本の『ゼルダの伝説 大地の汽笛』の在庫を抱えているのだろうか?

 このことについてゲーム雑誌編集者にお話をうかがったところ、「ロールプレイングゲームは発売日から数日でドンと一気に売れないと元が取れない。FF13でさえ2週間で売り上げが急落しましたからね。これからはロールプレイングゲームより長く遊べて長く売れる『トモダチコレクション』などのゲームが会社を支えるようになるでしょう。もしくは、予算をあまりかけずに作ったゲームですね」とのこと。
 
 バカ売れしたニンテンドーDSのゲームも売れない、プレイステーション3のゲームも売れない……。もしかすると、ゲーム業界に氷河期が訪れようとしているのかもしれない。この状況に打開策はあるのだろうか?
 この業界も冬の時代・・・ま、予想はしていたところではある。ある意味プロレスと一緒とも言えなくもない。何故なら、ゲーム以外の娯楽は増えているわけだし、それより何より経済の状況が悪い。ファミコン〜スーファミの頃は丁度バブルの終焉期とも重なる。此処までゲームがヒットしたのもそのバブルの余韻を引きずっていたからなんだろう。

 今、ゲームといえば、携帯でちゃっちゃとやるゲームかパソコンでバリバリ3D機能活かしたゲームか、オンラインRPG。確かにwiiとかもあるけれど、あれはゲーム機に体重計が、的なものだし。むしろ、有野課長がゲームセンターCX(たまに見るけど、うちのちびどもは課長の大ファン。今下の坊主がお笑い芸人で覚えているのはよゐことチュートリアルとオードリーだし)でやっているようなレトロゲーの方が、本来のゲームのあり方なのかもしれない。

 既に子供が「ゲーム?だっせぇ!」な時代ですからね。ファミコン世代だった30〜40歳の年代に向けた大作ゲームでもあれば又この業界、違うんだろうけど・・・。

 こういう辛気臭い経済状態、なんとかなんねぇの?首相は子供手当てもらっているし、幹事長はポケットマネー大量にあるだろうからしったこちゃないかも知んないけど。ゲーム業界は、世界とサシで勝負できる日本の産業の一つだけに、こんなことでくじけて貰っても困るから。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 07:23| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

只より高いものは・・・・

〜「無料で遊べる」携帯ゲーム高額請求相次ぐ〜

 「無料で遊べる」とうたう大手携帯ゲームサイトから高額な情報料を請求され、トラブルになるケースが相次いでいる。

 5歳の子どもが親の携帯電話で遊ぶうち、10万円もの高額アイテムを購入してしまった事例も。親は電話料金に上乗せされた請求を見て初めて気付くことが多いという。国民生活センターは携帯電話会社などに対し、高額請求の場合は一時的に請求を止めて調べるなどの改善策を求めた。

 山形県内の主婦(37)が、ソフトバンクモバイルからの請求金額が急増したことに気づいたのは今年5月。明細には「情報コンテンツ料 4万5150円」とある。小学3年生の長男(9)に聞くと、大手サイト「グリー」で自分の分身(アバター)を飾るアイテムを買っていたという。

 ゲームは原則無料だが、アバターを飾ったり、ゲームを有利に進めたりするための特別アイテムは有料で、1点5250円するものもある。テレビコマーシャルでは「無料で遊び放題」などとうたい、有料サービスがあることは読み取れないほど小さくしか表示されていない。

 購入方法は、携帯画面上の「購入」ボタンを押すだけ。ドコモやauでは有料サービスを受ける際に暗証番号の入力が求められるが、ソフトバンクは入力を省略しており、長男は母親に無断で何度も購入していた。請求額は翌月分も含めると8万円近くに上った。

 ソフトバンクは当初、「請求通り支払ってほしい」として相談に応じなかったが、その後、地元の消費生活センターを経由して再度連絡を取ったところ全額返還された。主婦は「無料だと思って安心して遊ばせていたのに」と振り返る。

 ソフトバンクの話「返金は個別対応しており、件数や金額は明かせない」

 グリーの話「未成年者の利用について苦情があれば、状況を確認し返金も含めて個別に対応する。苦情や相談の件数は公表していない」

〜有料アイテム157億円市場に〜

 総務省によると、昨年の交流サイト、ゲームサイトなどでのアイテム販売の市場規模は157億円。2007年の60億円、06年の5億円と比べ、急拡大している。

 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)が「健全」と認定し、フィルタリング(閲覧制限)対象外となっている33サイトで見ると、「モバゲータウン」「大集合ネオ」など少なくとも13サイトが、「無料で遊べる」とうたいながら、有料アイテムを販売している。

 これに対し、各地の消費生活センターなどには「5歳の子供が着せ替えで遊んだら4日分で10万円の請求が来た」(広島市)、「10歳の子の使用で5万円請求された」(北九州市)といった苦情が寄せられている。

 総務省では「未成年者が親の同意なく利用した場合は原則的に取り消すことができる」としているが、「一度でも支払うと、法的に契約を認めたことになり、取り消しが難しい」と注意を呼びかけている。
 携帯サイトの極悪非道さは今に始まったことではない(未だにあるんですよね?架空請求とか・・・)し、「無料」とうたいながら課金するサイトなんて、携帯だけじゃない。オンラインゲームはそんなんばっかだ(個人的にはゲーム好きだけど、これがあるからPCオンラインには手を出さない。大体無料のvector等から只で、と言うのが多いし。アクションやんないし)。

 更に問題なのは、前も問題にしたことがあるけど、以下のサイトの何処が健全なんだ?

GREE
gumi(更新審査中)
MySpace モバイル
魔法のiらんど
大集合NEO(更新審査中)
モバゲータウン
アルスタ
占い広場
モバレボ
キラキラ☆ストリート
ハンゲ.jp
The☆TableGames
ちぷやタウン
高校生のコミュニティ[クラスブック]
ixen
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』
blogri
ヤプログ!
みなくる
ゲームスタウン
コミュタウンめるっぱ!
フラモ
myMTV
何する?.jp
uchico
SPORA
ヒトカラ
COLORS
ニコニコ動画モバイル
ミニブログoffy
mobion
きき放題!うた仲間♪
プチゲーフレンズ

・・・どう見ても、殆ど有害です、あry)だろうが。課金問題だけじゃなくて、誹謗中傷や犯罪自慢、未成年の援交問題など、目を覆いたくなるような負のエネルギーに充ち満ちている。これならアンサイクロペディアや2ちゃんねるの方がよっぽど健全。

 実は、これはオンラインゲームでありがちなんだが、リアルマネートレーディングと言う問題も無視できない。リンク先に詳しい説明はあるのだけど、「オンラインゲーム上の所有アイテムやアカウントやそのキャラクター(育成代行を含)を、現実世界の財産(主に通貨)と交換する行為」のこと。円天とかと何処が違う、と言う話だし、これで儲けるという感覚が分かんないんだよな・・・。運営会社は否定するんだけど、またそれのための会社も存在するとか・・・母さん、ネットは恐ろしいところです。

 ネット=怖いのイメージを作ることに努力する馬鹿が多すぎる。ま、役に立つ用途だけで使う、それこそ「行間を読む」「嘘を嘘と見抜く」事が出来ない奴らは、下手にネットにでてくるなって事?それはそれで困るんだけどねぇ・・・。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 11:30| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。