2008年10月31日

プログレは、とっても優れたポップスでもある

〜キング・クリムゾン、2008年夏のUSツアーの模様を収めたライヴ・アルバムがリリース〜

 2008年夏に行なわれた小規模のアメリカ・ツアーの模様を収めた、キング・クリムゾンのライヴ・アルバムが発売に。コレクターズ・キング・クリムゾン・シリーズでの発売で、『コレクターズ・シリーズ:ライヴ2008』という仮タイトルが付けられた日本盤(IECP-20156〜7 税込3,675円/高音質CD「HQCD」仕様)はWHD Entertainmentより12月24日に発売される予定です。

 ロバート・フリップ(G)、エイドリアン・ブリュー(G,Vo)、トニー・レヴィン(B,Stick,Vo)、パット・マステロット(Ds,Per)、ギャヴィン・ハリソン(Ds,Per/ポーキュパイン・ツリー)という、ツイン・ドラム編成で新たに再編されたキング・クリムゾンが、2008年8月にナッシュビル、シカゴ、フィラデルフィア、ニューヨークへと廻ったツアーの中からのセレクトで、CD2枚組作品でのリリースとなります。

 同ツアーからの音源は、8月7日のシカゴ・パークウェスト公演の模様がDGM Live!でダウンロード販売済み。CD版に収録される公演日時や曲目などは確定していませんが、とはいえCD作品として手元に置いておきたいと願うファンも多いかと思いますので、アナタもぜひ入手を!
 
●『コレクターズ・シリーズ:ライヴ2008(仮)』
*日本盤(IECP-20156〜7 税込3,675円/高音質CD「HQCD」仕様)
 
≪収録予定とされる楽曲≫
・Introductory Soundscape
・Drum Duet
・The ConstruKction Of Light
・Red
・Frame By Frame
・Neurotica
・Three Of A Perfect Pair
・The Talking Drum
・Larks Tongues In Aspic Pt 2
・One Time
・BBoom
・Dinosaur
・Level Five
・Sleepless
・VROOOM
・Coda Marine 475
・Drum Duet
・Thela Hun Ginjeet
・Elephant Talk
・Indiscipline
 
≪メンバー≫
・Robert Fripp:guitar
・Adrian Belew:guitar & vocals
・Tony Levin:bass,Stick and vocals
・Gavin Harrison: drums and percussion
・Pat Mastelotto:drums and percussion
 
※曲目は予定です。変更になる可能性はあります
 1969年、ビートルズのアビーロードをチャート1位から引きずり落としたバンドがいた。でもって、それから40年たった今でも、そのバンドは紆余曲折ありながら、未だに現役である。それがキングクリムゾン。過去の栄光に引きずられていない事は凄い、と思う。

 ロック、と言う音楽ジャンルからブルースを全部取り除いたこと、その技術力の高さ、叙情性(時期によって違うけど)、狂気性、フリップの未だに衰えない創作意欲、フリップの面白頑固親父加減(プログレ板でこのフレーズ見た事ねぇ?)、等あり、昔から好きなバンドの一つです。まぁ、ディシプリン商法は勘弁な。

 どこまで現役で出来るかな?それでもまた新しいものをどんどん出していくと思うから、不安はないけどね、フリップさんは。


↑音による狂気と美しさが見事に融合している、と言う面では最強じゃないかな、と思ってます、個人的には。




クリムゾンの代表曲を一挙網羅した究極のベスト・アルバムが発売!ロバート・フリップ自らの選曲によるもので、しかもこのベスト盤のために全曲をリマスタリングし、2006年最新マスターを使用!さらに国内盤のみ“クリムゾンの傾向と対策”?が一目で分かる「キング・クリムゾン取扱説明書」付きとのことです!「21世紀のスキッツォイド・マン」から「ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ」まで、35年にも渡る偉大なる歴史をここに凝縮パッケージ!!
posted by y-burn at 21:33| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

頼むから来日してくれ〜

〜RUSHの最新ライヴ映像集がDVD/ブルーレイ・ディスクでリリース〜

 カナダの国民的バンド、ラッシュ(Rush)から最新ライヴDVDが到着! 最新スタジオ・アルバム『スネークス&アローズ』発表にともない2007年に行なわれた“the Snakes & Arrows tour”からの映像で、今春に発売されたCD版と同様、作品タイトルは『Snakes & Arrows Live』となります。

 収録されるのはCD版と同じく、2007年10月のオランダ・ロッテルダム公演で、映像は21台の高解像度カメラで撮影された16×9のワイドスクリーン・フォーマット。DVDは3枚組で、2枚のディスクには、当日のフル・セットのほか、アウトテイクやツアー・ドキュメントなどのボーナス映像も収録。3 枚目のディスクには、公式海賊版映像としてアトランタで撮影されたライヴ映像が収録される予定です。

 リリースはDVD版とブルーレイ版の2タイプで、米国にて11月25日を予定。残念ながら日本では生で観ることのできない彼らのライヴでの魅力を、高解像度の映像で捉えたファン必見の映像集となりますので、ラッシュ好きならお忘れなく!
----------------------------------------------------------------
 カナダ最強のロックトリオ、RUSHがまたライブ版。もうメンバーいい年なのに、元気だねぇ・・・。

 最近はCD買わなくなっちゃっているから情報に疎くはなっているのだけど、このバンドは20年以上前、初めて聞いたのが「Fly by night」。その音楽性や演奏技術の高さ(ツェッペリンフォロアーから、唯一無二の存在になってしまった)、隠喩を含んだ歌詞等にはまり、今も聞いています(最新アルバムは・・・聴いてないのが悔しい)。個人的にはプログレを意識し出すきっかけになったバンドでもある(で、今は動画サイトでしょっちゅう濃いのを聞いている、と言うね)。

 北米ツアーでは、アリーナクラスでほとんど空席のない状態で回れる数少ないバンドの一つだと言う。でも、日本では知らない音楽ファンも多いんだよねぇ。

 来日公演希望・・・彼らは初来日の大阪のホテルで、おばちゃんに怒鳴り散らかされて以来日本を嫌っているらしいからなぁ・・・。たぶん無いと思うけど、来て欲しい。

 つー訳で、今回はインストの代表曲「YYZ」を。

これだけのことの出来る(これで3ピースでっせ)バンドは世界的にもいないだけに、ねぇ。

 たまにはこういう趣味に走ることもあるかも。

 あ、ちなみに邦楽には殆ど希望持っていないから(といいつつメジャーになる前からPerfumeファンな俺って・・・)。



↑RUSH初心者ならこのライブDVDはおすすめだよ。
posted by y-burn at 22:19| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

え?御大って10年くらい前に結婚してたと思っていたが?

〜リッチー・ブラックモア、公私にわたるパートナーとついに結婚〜

 ディープ・パープル、レインボーでお馴染みのリッチー・ブラックモアが、公私にわたるパートナー、キャンディス・ナイトと共に、ルネッサンス期の古典音楽を昇華した独自のサウンド世界を追求するブラックモアズ・ナイト。エルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない」のカヴァーを含む、6月リリースのニュー・アルバム『Secret Voyage』(日本未発売)も記憶に新しい中、リッチーとキャンディスが、満を持して10月5日に結婚した。

 97年の結成時にはすでに婚約関係にあった2人。グループの公式ホームページにはハドソンの城で行なわれた結婚式の模様もアップ。中世に多大な影響を受けたブラックモアズ・ナイトらしく、クラシカルな雰囲気に彩られてリッチーもキャンディスも幸せそう。中には笑顔のまぶしい(?)2ショットや、来賓のひとりと踊るリッチーの姿を収めた写真などもあり、神経質で気難しいミュージシャンといったイメージとは一線を画す、彼自身の姿が新鮮に感じられる。
----------------------------------------------------------------
 deeppurpleのメンバーと袂を分かち、金髪ねーちゃんとグループを組んだのが1997年。その頃のインタビューではすでに結婚秒読み、という話ではなかったのか?ま、とりあえず、おめでとうございます。

 で、今はハードロックから離れて、フォークというか、イギリス民謡というか、こんなことやってる訳ね。↓


 パープル結成何周年記念にもこれから先は出そうにもないし、このまま自分の音楽性を突っ走っていくのではないか、と思います。このおっさんは。個人的にはまたDIOとレインボーやって欲しいが。




posted by y-burn at 16:25| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。