2011年10月22日

鹿児島哲学カフェに参加しました。2回目だけどね。

 古瀬先生が参加されていたり、またFacebookでのお友達の能瀬くんが主催されていたり、と言う事も有り、今回10/20、第6回鹿児島哲学カフェに参加させていただきました。

 実は8月にも参加はしているのだけど、このときはまだ一回目でどういうものか訳わかんない面もあったのであえて感想とかを書きませんでしたが、今回はやってみようかな、と(実はアンケートの回答でもある)。

 中央駅西口のカフェ、プロントでの開催。このあたりは駐車場の値段も天文館に比べて安いのが良いんだよね。

 今回のテーマは「仕事」。仕事は楽しいものか、はたまた苦労すべきものか、と言うテーマで1時間半の話を全員でやって行きます。ただし、このカフェでは結論が出たりしないし、お互いの発言で攻撃しあうわけでもない。自由に自分の感性でテーマに沿ったことを話していくことになっております。うん、そういう意味では「結論出せ」とか「お前はケアダメだ」とか抜かしやがるtwitterや2chの輩どもとは全然違いますわね。また、別の記事で書くけど上司や行政が既に回答を持っていて意見を出さないでしゃんしゃんきめていく会議や議会とも違うわけ。これは大きな特徴だと思います。

 今回の参加者についての自己紹介もあったんですが、総合的に「サービス業」、医療福祉関係や飲食のプロデュースをしている方、NPO法人の職員さんや学校の先生など、対人職の方も多かったのも今回の特徴なのかな、とも思ったり。

 前回の「豊かさ」と言うテーマと違い、割と具体的な内容であった為か、結構エキサイトした感は有りましたし、いろんな方向に話が飛ぶ飛ぶ。一時期付いていくのがやっとだった状況も有りましたね。職業倫理や「やりがい」の定義、果てはTPPで医療福祉の世界が変わりかねない、まで話がすっ飛んでしまったり...。

 まとめとしては、能勢くんのサイトや哲学カフェのサイトでやられると思うので(ある意味逃げ?)、ここでは哲学カフェで話したこと+α、と言う形で個人的に持っている仕事観を書いてみようかな、と。

 大学在学中は介護の仕事をする、とかまったく考えてなかった(なんもなかったらたぶん東京で普通に中小企業のサラリーマンかな...今頃)し、大学を離れて本当に目指していたのが鍼灸師だったこともあったので、その滑りどめというか流れというか、バブル崩壊で求職も寂しいものがあるから取り合えず手に職を点ける、と言う意味で介護福祉士の養成学校に入って介護福祉士資格取得して事業所転々としつつ今に至るわけですが、その間に「つまんねーな、この仕事」「いやだな〜」と思った事は数多にあるし、現に一時期パソコン教師やWeb作成を生業にしようとしていた時期も有ります。最も今はそういう事を考えなくなった、といったら嘘になるかも知れないけど、前ほどではなくなりましたね。

 今の仕事楽しいか?と聞かれると「楽しまないとやってらんない」と答えます。これは介護の仕事に限らず対人サービス業全てそうなんでしょうけど、サービスを与える側の心の動きはサービスを受ける側に、差はあれど移るんですよね。具体的には余り元気のない顔で職場に来ると、「どうしたのね?なんかあったのね?」と聞かれることが有ります。利用者に不安感を植え付ける事は我々の業界あってはならんことの一つでもあるわけで、私的な余計な事で不安感を与えるわけには行かない。それもあって出来るだけ職場では明るく、声を大きく、と努めてはいます(良くうるさい、とも同僚に言われるんですけどね)。

 それと、大事だと思う事が一つ。「自分だけが他と突出した何かを持つ事が出来るか、又見つけることが出来るか?」は仕事にとって大きな鍵になると思います。具体的に言えば、会社や事業所の中で「このことならあの人に聞かなきゃ解らないから」とか、「あの人に任せれば大丈夫だ」と言う様なものを身に着けること。

 どんな仕事でも最低限こなしていれば合格、と言うラインはあると思うんですよ。でもそれを毎日こなしているだけでは面白くもなんともないわけで、自分の仕事で常に考えているのは、「+αは何なんだろう」と考え続る、という事でもあったんです。今まで働いてきた事業所によってそれはまちまちでした(グループホームでは料理や庭の手入れ、家庭菜園等がそうだったし、老健では医療的やリハビリ的に分からない事をさまざまなスタッフから聞いてそれを覚えていく、などもそうかな?後これはどこでも共通だけど機械に強い、と言う事も)。

 今は「音楽と人との関係性」と言うテーマを持って、それを極めていきたいという欲求が自分にとって仕事に対するモチベーションの大きな要素になっています。最もこれは財津先生、と言う鹿児島の音楽界の巨人が近くにいてくれたり、周りのスタッフの協力もあってのことですけどね。こういう他人に秀でた能力や興味があれば、それをドンドン伸ばしていこうとする本人の努力は必要なのかもしれませんね。

 あと話の中に出ていた「『やりがい』と言う妄想」に我々は囚われているのでは無いか、と言う話。確かにそれはあると思います。日本でこんな話が出てきたのは何時のことなんでしょうか?確かに戦国時代の主従関係でもあったかもしれませんが、大きくこんなことが言われ始めたのはどうもバブル崩壊後であるような気がします。賃金に見合った報酬が受けられない分を、やりがいという言葉でごまかしているのでは無いか...。

 うん、福祉関係にはよくある話ですよね。介護保険という従事者が救われないシステムが何とか動いているのもこれかな、と。で、そうじゃないだろ、適正な報酬をしっかり従事者に渡すような改正を、と言っているのがおいらなんですが。どうも厚労省は介護従事者すべてを「人の良いバカ扱い」しているようでね。非常に困ります。いるんだよ、おいらみたいなひねくれ者もさ。

 最も自分自身も「やりがい」に誤魔化されてきた面もあるし、今もひょっとしたら、と思う事もないわけじゃない。でもね、本当に自分だけの何かを掴んで、それをもちつつ進む人間は強いし、簡単にその意思はぶれないよ。 そういう芯を持てれば、どんな仕事も最終的には楽しくなるんじゃないのかな、と。

 ...もっと書けるんだろうけど、こんな感じですかね。そういうものも含めて「介護はアート」なんじゃないかな、って。能天気?いいじゃん。悲壮な状態じゃ何のために生きているのかすらわかんないもん。

 この哲学カフェ、ある意味ブレーンストーミングに近いし、こういうことを考えられる、と言う意味では良いサークルでは無いかな、と思っております。うちらのようになかなか外部との接点が限られた介護従事者などは、自分の考えに一本芯を通せる、と言う意味でも是非参加して欲しいな、と。

 ちなみにうちの嫁、「ふ〜ん、40過ぎのおっさんがこういう大学のサークルみたいなのに参加するのね〜」と呆れていたような風にも見えましたけどね。うん、又参加しますよ。

blogram投票ボタン



posted by y-burn at 12:11| 鹿児島 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 講演会・研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

「もんじゅ」は、これからの「閉じた」福祉を変えるかもしれない...

で、翌日。

もんじゅ鹿児島のミーティングが天文館で行われました。実は自分自身、このもんじゅ、と言うものについては、あえて殆ど情報を得ないままの参加にしました。だって断片的な情報が入ると逆にすっと入っていかないもんね。

「もんじゅとはなんぞや?」と思われる方はこちらのサイトを参考に。

介護現場をキラキラさせよう!-NPO もんじゅ TOP-:

 このNPOについての詳細は「哲学カフェ」でお世話になっている能勢君が自分のブログで語れるだけ全部語ってくれていますので、そちらを見ていただければ...って、こればっかしかい。

・能瀬のポートフォリオ「もんじゅ説明会に参加してきた

 流石能勢君だ。おいらがグダグダ文章書き散らかすより分かりやすい。

 で、こっからはこの「もんじゅ」と言うシステムについて自分が感じたことを。

1.もんじゅのシステムとして、施設や事業所で問題になったことを話し合い、気づきを得ること。この「気づき」と言うものが実際問題、介護に限らずどの業種でも重要で、それを「時間がないから、人がいないから」で流してしまって、あとになって大騒ぎ、と言う事も実際ある。またそう言った気づきをデータベース化していくことは、最終的にはこの業界にとって相当大きな武器になる、と考えます。なにしろ医療と違い、福祉という分野はなかなか施設や事業所毎の情報(個人情報ではなく、困り毎やfaqのようなもの)をデータベース化できてないんですよね。法的な解釈、と言う意味ではmasaさんとこがありますけど、それ以外のデータとしてはもんじゅは役に立ちそう。今はまだ生まれてすぐの赤ん坊かもしれないけど、これが10年20年経ったら凄い事になりそうだし、それを考えるとワクワクしませんか?

2.もんじゅのセッションについては、明らかに「ケアプランの一連の流れ」であること。でもこれは悪い事ではなく、この流れを熟知すれば他の産業や仕事の分野でも応用は利く(いや、本当は逆輸入なのかな?でも自作PC作るときにはわざとケアプラン的な思考で部品集めましたが)と思っています。我々のようにケアプランに慣れ親しんでいる介護従事者にとっては、このような新しい試みにいつもと近い業務的考え方が応用出来るのは非常に分かりやすくて良いのかな、と。

3.他の都道府県は良くわかりませんが、特に鹿児島の場合、比較的「施設・事業所の中だけで人間関係が成立してしまう。上下関係はしっかりしすぎていて、学習目的であろうが仕事場の話をするのは良くない」という事が目につきます。具体的に言うと、以前自分が相談員として参加した研修で軽い失敗談を話ししたら、あとで同じ事業所から参加していた別の相談員が上司に話して怒られた、とか。うん、要は鹿児島県内の福祉事業所については「少なくとも現場レベルでは他の事業所との交流は見られない」と言いきっても過言じゃない状況なんです。いや、最も私的なレベルでは(専門学校の同窓生とか)分からないよ。でもこの業界に入ってずっとこれは感じていたし、それを個人的には打破したいな、と言うのがそもそものネットに繋いだ理由でもあるし(その流れもあり、自分のSNSは同業者のみにとどまってないんですよね)。
 もんじゅはそういった「施設・事業所での閉塞感」を打破するツール、と言ったら失礼なのかな?それにも使えそうです。やはりね、「同じ志を持っている仲間がいる」と言うのは強いから。

4.で、3.とは逆にも考えるんですよ。鹿児島でもんじゅを根付かせる際に何らかの障害は起こらないのだろうか?と。
 阿久根の例でもおいらは体感しているんだけど、何か新しいことをしようとすると、絶対に障害は出て来る。それまでの変化を希望しない「仕事なんて流れに身を任せればいいのよ」と言いきる人々によってね。これからこのもんじゅを鹿児島に根付かせるには、今回の説明会参加者の一人一人の行動によるんでしょうね。我々、ある意味大きな責務を担うことにも繋がるのかもしれません。でも、自分としてはもんじゅの活動には全面的に賛同するし、支援もしていきたいと思う。
 
 これまで20年近くこの業界に足を突っ込んで、色んな人を見てきた。燃え尽きたり、この世界から離れたくないのに離れざるを得なかったり、井の中の蛙になっているのに気づいて無かったり、とまぁ色んな職員がいるわけだけど、そう言う方々に少しでも光を当てて、お互いに支えていくことも必要ではないのかな、と。また、キャリア的にもそれが出来るだけの時間を自分自身過ごしているわけだから...。

 で、今度は1月ぐらいにもんじゅミーティング鹿児島を行うことになりそうです。自分の事業所からも参加を募りたいけど、するかなぁ・・・

 あともう一つ考えたことがあるんだけど、良いかな?スケジュールを合わせる事が難しいけれど、せっかくなので「財津先生の音楽療法見学ツアー」をもんじゅの前日に絡める(先生土曜の午後はお休みですので)のはどうだろうか...?ただ問題はうちの事務長が素直に納得するかどうかだが、先生の一声には忠実なのでうまく行くかもしれんし。

 また、次回のミーティングには参加させて貰いますのでよろしくお願いします。あとryyohrくん、困ったら声かけて。

 で、実はこの日、もう一つの出会いがあって....なんだけど、それはまた次の記事で。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 20:15| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 講演会・研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

東日本大震災チャリティー特別講演会inかごしま 〜第二部〜

施設における災害対策、被災時の行動と要支援者への効果的な支援とは?
〜災害体験から学んだこと、今後のの支援に必要なこと〜

講師:小山 剛氏(高齢者総合ケアセンターこぶし 総合施設長・NPO法人災害福祉広域支援ネットワーク サンダーバード代表)

※この講演は話が面白く、資料丸写しよりメモしたことを加えて紹介した方が面白いと思うので、メモした中と資料から。

 ちなみにこの講演会のニュースがこちらで見られます。


・日本という国は自然災害(地震、津波、台風、洪水等)、人為災害(火災、飛行機や列車の大事故)、特殊災害(NBC災害、N=核汚染、C=化学剤、B=生物剤)を経験している、世界的にも珍しい先進国である(化学、生物はオウム真理教一連の事件)。


・毎年の北陸の雪は災害じゃないの?と思うんですけど...


・災害弱者。CWAPと言われている。
C:子供
W:女性
A:高齢者
P:病人、障害者
二次的な災害弱者は、以上の条件からかけ離れている中高年の男性かもしれない。


・今回の東日本大震災の特徴として・・・
1.地震、津波、核汚染が一緒にやってきた
2.明確に被災した県が9県。このような広範囲の災害は前代未聞。想定外。
3.それ故に、援助に対しての差が大きいことも特徴。岩手、仙台には援助がかなり来ているが、未だに福島は放っておかれている。援助が殆ど来ていない現状(核汚染の影響もあるにせよ、格差があることもまた事実)。


・普通に町があり、生活もあったはずなのに・・・原爆も大空襲も経験はしてないけれど、こんな状況だったのでは、と想像してしまいます。


・海岸沿いにある家...液状化や屋根からの崩れ落ちの危険性。


・○○台、と名の付いたところが地震でやられる傾向にあった。少なくとも新潟県ではそうです。


・自施設「こぶし園」が中越大震災で被災したケースの紹介。そこで痛感したことについて。
1.火災対応の緊急連絡網は、この時は全く役には立たなかった。連絡網というのは既に過去の遺物でしかない。それよりメールでの一斉配信の方がよほど役に立つ。昔からやっていたから、でそのまま惰性で行っていることも見直すべきであろう。
2.防災訓練も確かに行っていたが、これも全然役に立っていない。防災訓練というのは、一種の「運動会」に過ぎない。
3.結局役に立ったのは「防災マニュアル」とかいうものではなく、「介護従事者としての職業倫理」であった。スタッフが集まり、法人全体を50名の夜勤スタッフで支えた。
4.災害発生時には、今そのときの人間で何が何処まで出来るのか、しかありません。


・デイサービス休んで避難支援したとしても、その間の収入は全くない。補填する事も出来ない。もし収入のことを考えるのであれば、福祉避難所協定を結ばなければならない。

・被災して学んだこと
☆広域連携の必要性...給水車や消防車などの救援隊が地震と同時に広域から動き出すように、介護においても行政間の広域連携が不可欠。具体的な施設間の事前協定。小規模施設は認可時に緊急の受け入れ施設協定を確認、指導しておく。
☆協力者の拠点整備...大手企業からのスポンサー。ユニット住宅やプレハブ、キャンピングカーなどを用意し、そこに支援者が暮らしつつ支援していく。手弁当で自己完結できる、自衛隊のような体制。
☆施設の意識転換...元の生活に戻るための支援。災害は介護の崩壊ではなく、生活環境の崩壊である。前の状態に戻す視点が重要。福祉従事者は抱え込む救済には慣れているが、自立生活を側面から支える、と言う視点が不足している。地域社会の支援センターとして、避難所や個々の住宅、そして仮設住宅生活者の支援にも責任を持つべし。
☆避難所のあり方...避難所で認知症の方が暮らすのは無理。そもそも健常者でさえ早く自宅に戻ろうとするのに。認知症の方の環境が激変すれば精神的なダメージを受けることも考えられる。早く元の生活に、と言うのはそういうことも含めて考えるべし。
☆福祉避難所
☆町の復興も同じ仕組み


・介護の基本は人の生活支援にあり、災害にはリンクしていない。つまり平時の介護体制が24時間365日体制でないと役に立たない!


・共助、互助>>>公助、であったことは震災で証明されている。


・いかに早く避難時期を知るか、そしていかに早くその場から離れられるか?がキーワード。つまり、地域社会が支えなければ助からない。


・公的な支援体制は広域連携が必要ですが、自主避難・自主防災は小地域単位であることが重要なポイント。いつでも知っている人が近くにいないと役に立ちません。


・発災直後の生活は隣近所で2〜3日待てば何とかなります。支え合うことは知り合いであるか無いかではなく、住民としての責任である。


・サンダーバードが「サポートセンター」を作った理由
...緊急的な避難所である体育館などから、自宅復帰までの間生活拠点となる仮設住宅においても、24時間365日連続するケア体制が保証されないと、関連性のない場所に移動させられてしまう(阪神大震災でもこのケースが非常に多く見られた)ため、これを防ぐこと。また、復帰までの意欲を支え続け、健康状態を維持するために「集まる場所」において「専門職が関わり続ける」事は必要である。


・特に今回被災地では、医療福祉関係の従事者が失職している現状がある(廃止した社会福祉法人も多く存在)。技術を持った方々が仮設のサポートセンターで働いていただき、復興した際には引き続き働いて貰う、と言う体制が出来る。


・負担を背負った理由は社会福祉法人の使命(MISSION)。
☆一般社会の事業目標:Costomer Satisfaction(顧客満足)
☆社会法人は上に加えて、Community Satisfaction(地域社会の満足)を目指さなければならない。


・何のために社会福祉法人という所は非課税なんでしょうか?


・専門職の支援、外部支援体制


・介護災害を防ぐ...既存の施設自体が介護災害者を収容する避難所だあったと言うことで、当然それまでの暮らしに戻ること、またこれを支える仕組みを地域社会の中に作ることが私たちの仕事だ、と考えていましたので、24時間365日連続する支援体制を構築してきました。災害時もその体制が必要だと言うことでサポートセンターを設置し、地域社会の再生時にも同様の仕組みが必要だ、と言う事です。


・NPO法人 災害福祉広域支援ネットワーク サンダーバードの目的
1.災害現場に状況確認と支援指示を行う支援センターを送り込むこと(サンダーバード1号)
2.災害と同時に介護スタッフを派遣すること
3.派遣した人の食と住居を確保すること(サンダーバード2号)
4.活動拠点をパッケージで送り込むこと(サンダーバード3号)


・BCP(Business Continuity Plan)とは?...自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急措置に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のこと。


・BCPの必要資源と課題
1.職員...指揮体制の確保、職員の確保と外部支援
2.施設・設備・資機材...事前チェック、備蓄と補填方法
3.情報・通信...連絡体制の整備.連絡障害への対応
4.外部事業者...既存使用量のチェック、物品の補填方法
5.財務...収入減への対応
 さすがに午前中よりも面白く(小山さんのキャラも結構良かった)、興味ある話でした。ただ、どうしても言葉の端々に本来こういうシステム作りをしなければならないであろう行政に対しての憤りや不満、と言うものを感じましたね。「災害が起こるとまず行政から保健婦が出て来るんだけど、保健婦ってそんなに暇なん?」とか言われてました。やはり行政への働きかけについては苦労されているようです。これは何処の介護事業所も変わらないと思いますけどね。介護は施設や法人だけで成り立つものでは無いことは分かってますが、更に地域やボランティアなどの重要性は感じました。

 最後に。ここまで面白い講演は久しぶりでした。今回参加しなかった方々は結構損したのかな、とも思う。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 00:38| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 講演会・研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。