2012年03月11日

3/11から一年。

 日本にとって歴史に残る大災害、「東北地方太平洋沖地震」。
あれから一年が過ぎました。

 その日、自分は休み。その時間にはちょうどtwitterで遊んでいました。首都圏に住むtwitterのフォロワーから、「今かなり大きな地震があった」と言うメッセージが入ったのがこの地震を最初に知ったきっかけ。

 しばらくしてテレビを付けると、あの仙台市の津波の映像。その時に長男がちょうど帰ってきて、「...お父さん、嘘でしょ?これ?仮面ライダーとかの撮影で作った映像じゃないの?」と一言。違うことを伝えたら、「うちもこうなるの?鹿児島もこうなるの?」と取り乱してました。すぐに嫁さんがフォローしましたが。

 その日のtwitterでの発言の記録(ログ取ってるんですよね、ここに)を見ると、首都圏のフォロワーに対してのメッセージをかなり流し、また情報をRTしすぎてサーバーから投稿止められた記録があったりします。本当にどうなるのだろうか?と心配してますね、我ながら。

 で、翌日。仕事場での話。

 朝から震災の映像ばかりが流れているが故に、入所者がお茶の時間からお昼にかけてどんどん落ち着きが無くなるのが目に見えて分かるような状況になりました。入所者で東北に知人や身内がいる方はいなかったのですが、あまりにも同じ映像が流れるために、おやつの時間にはホールで泣き出す高齢者すらいる始末で。

 すぐ録画してあった音楽番組とバラエティ番組に代えましたよ。以降の仕事にも支障が出る状況だったのでね。認知症の一部の症状で感受性が強くなる可能性があります(感情失禁などはそれですよね)から、以後一週間、ホールでは録画した音楽番組を流すこと、大震災の映像は極力流さないことを即介護長に進言し、実行しました。

 あの地震以降、日本という国は大きく変わりましたね。自分自身もあれ以前よりも人生とは、人とは、人と人との繋がりとは、を真剣に考えることが多くなりました。

 本当に被害を受けた方のことを考えている人、また全く逆な人、色々いますが、ある意味大震災はまだ終わってません。まだ避難地で苦しんでいる人もいるのが現実です。

 頑張れ、とは言いたくない。でも、こつこつ積み上げて、最終的には以前の生活に戻ること、また政府や行政もその支援を惜しみなく行うこと、我々も出来る事は手伝うよう心がけることは最低限でも必要ではないか、と思うのです。

 トンデモない輩もいましたねぇ、そういや。no-risuとか言いましたっけ?

 「あんな悲惨な大災害だ〜、可哀想だ〜、私が生きていることに罪悪感を覚える〜」

 アホか!


 彼らの意志や命を継いで、もっとこの国をよくすることが我々に課された使命だ。嘆き悲しむことが彼らが本当に望んだ事じゃない。

 センチメンタルになったところでこの国が良くなるわけがないだろうが。人事だと思うからこのような戯言が言えるのだろう。

 涙をぬぐって、より良い未来に向かって前に進まなきゃいけない。それが理不尽な災害で命絶たれた全ての皆様への償いだと思う。

 現状では全て震災前にに戻ることはないと思う。放射能の件もあるし、復興はまだまだだ。「反原発飽きた」なんて言ってる場合じゃないんだよな(嘘みたいでしょ、でもいるんだよ、今のこの日本にこんな馬鹿)。

 でも、一歩でもより良い方向に近づけるよう、被災しなかった我々はこれからも頑張っていきたい。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 20:39| 鹿児島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 事件・・・その後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旧松元町も村興しでもしたいものですね〜
Posted by (株)エコランド at 2012年03月15日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257052660

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。