2012年03月10日

衣食足りて礼節を知る、というのは嘘で、実際は飽食絶って礼節を知る、と言うのが正しいのかもね。

〜お金持ちほど人をだます傾向あり、米研究〜

【2月29日 AFP】社会的地位の高いお金持ちはそれ以外の人々よりも、交通ルールを守らず、子供のキャンディーを横取りし、金銭的利益のためにうそをつく傾向があるとする研究結果が、27日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。

 米カリフォルニア大学バークレー校(University of California at Berkeley)とカナダ・トロント大(University of Toronto)の心理学者チームは、米国で行った人間行動に関する7つの実験を分析した。

 ある実験では、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)やBMW、トヨタ(Toyota)のプリウス(Prius)などの高級車のドライバーは、カムリ(Camry)やカローラ(Corolla)などの大衆車のドライバーに比べて、交差点での交通ルールを守らない傾向があることが分かった。高級車ドライバーはまた、大衆車ドライバーよりも、道路を横断しようとする歩行者を優先しない傾向があった。

 サイコロを使った別の実験では、サイの目が大きいと50ドル(約4000円)の賞金をもらえるというゲームを行ったところ、社会経済的な地位が高いと自己申告した人では、実際の目よりも大きい数を言う頻度が高かった。「50ドルなど大した金ではない階級の人々がうそをつく頻度は(低所得者層の)3倍だった」と、論文の主執筆者であるカリフォルニア大バークレー校のポール・ピフ(Paul Piff)氏は言う。

 また、自分を雇用者と仮定し、近く廃止する部署であると知りながらもその部署を希望する求職者と面談するという設定では、高い地位の人ほど事実を隠す傾向があった。

 別の実験では、キャンディーが詰まったポットを「近くの研究所の子供たち用」だと言って渡し、「好きならいくつかとっても構わない」と言い添えた場合、お金持ちほど多くのキャンディーをとる傾向があった。平均して、お金持ちがとったキャンディーの量は(お金持ちではない人の)2倍だった。富裕層の施しの量が貧しい人よりも少ない傾向があることを見出しつつあるピフ氏も、お金持ちが子供のお菓子を横取りするというこの事実には驚きを禁じ得ないと言う。

 さらに、自分の社会的地位が高いと思い込ませる実験では、社会的地位が他の人より高いという認識が、貪欲さを増し、例えば、実際より多くのおつりをもらっても黙ってとっておくなど、倫理的な行動規範も薄れる可能性があることも明らかになった。

■富と自立が他人への感受性弱める

 以上の実験結果は「上流階級の個人の間で文化的に共有されているいくつかの規範」を浮き彫りにした、と、論文は述べる。

 例えば、富裕層は貧しい人よりも自立し、財産も多いため、「他人が自分をどう思うか」が貧しい人よりも気にならないかもしれないという。

 ピフ氏によれば、お金を持っている人ほど、貪欲さを肯定的にとらえ、ピンチの時には家族や友人を頼らない傾向がある。こうした「気高さ」が自身を社会から切り離した存在にしているという。「日常生活の極めて異なるレベルでの特権が自立性を生み、自分の行為が他人の幸福へ及ぼす影響への感受性を弱めると同時に自己の利益を最優先させる結果を生んでいる」(ピフ氏)

 だが、論文は、慈善活動を行っている億万長者、ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏やウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏などの例外が存在することも指摘する。また、貧困と凶悪犯罪の関連性を示した以前の研究は、貧しい人が必ずしもお金持ちより倫理観が高いわけではないことを示している。

 ただし論文は、「私利私欲は社会のエリート層のより根本的な動機であり、富の蓄積と地位の向上に関連したもっと欲しいという欲求は不正行為を助長しかねない」と指摘する。

 なお、実験はそれぞれ100〜200人の米国人を対象に行われたが、「結果は米国外の社会にも当てはまるだろう」とピフ氏は言う。これらのパターンは、特に、格差の大きい社会で顕著に表れることが予想されるという。
 う〜ん...

 これ、逆に考えられないか、と思う。つまり、「どん欲であるからこそその結果金持ちになったのではないか」と。

 ただこれは日本にそのまま当てはまらない面もあるけど、倫理観の違いもあるかもしれないですね。今も日本には「金は汚いもの」と言う倫理観が少しだけ残っている。特に高齢者にはそれが顕著に表れている場合もある(介護従事者は自分の価値観と利用者の価値観は基本乖離していることは知っておくべきだと思う)。貧しくてもプライドを持つことが大事だ、と教える親もいる訳なので。ただ、今の日本の状況はアメリカとも近くなっているのかな...。

 ちょうど今、菜根譚の文章を紹介し、自分なりに解釈するブログをやっている(こちらです。読んでくれたらありがたいかな)のですが、前集11項にまさしくこのことを表した文があります。紹介すると

藜口筧譌腸者、多氷清玉潔。
袞衣玉食者、甘婢膝奴顔。
蓋志以澹泊明、而節従肥甘喪也。


 どん欲に取り付かれた輩は下衆な根性で生きているが、志を持つ人間は透明で清潔な者が多い、と言う意味です。最もすべてがそうである、と言う意味ではないことはご理解ください。

 最も人間の本質は「欲に手足のついたもの」ですから、本能としては凄く正しい。しかし、その本能を押さえるべき理性と言うものが存在するのもまた人間です。宗教や倫理、哲学はそのために生まれた訳ですしね。

 最近はその倫理観が大事な職業に就いている人間が率先して悪事に手を染める、しかもたいした罰も与えられない、と言ったケースがままありますが、それは悪事を行った人間を幸せにはしないこともまた覚えておくべきではないかなと。

 これから考えると、衣食足りて礼節を知る、というのは嘘で、実際は飽食絶って礼節を知る、と言うのが正しいのかもね。衣食足りて更に求める、どんな汚い手を使ってでも、と言うのが正解なのかもしれません。

 下衆な欲望に取り付かれない、地に足のついた生活を送ること、それが今の世界にとって正しい生き方なのかな、とぼんやり考えたりします。

blogram投票ボタン



posted by y-burn at 12:09| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスター達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。