2012年02月23日

従業員を大事にしない飲食店の料理は食いたくない。

〜ワタミ元社員の過労自殺認定に言及した渡邉美樹氏のツイートがネットで炎上状態〜

 21日、共同通信をはじめ報道各社は、外食産業大手「ワタミ」の社員だった26歳女性の自殺を、過労が原因だったとして労災認定されたと報じた。

 共同通信は、自殺した元ワタミ社員の過酷な労働環境を思わせる生々しい日記も公開している。
0ea7fba23f539eaee700022439e10ddc.jpg
体が痛いです
体が辛いです
気持ちが沈みます
速く動けません
どうか助けてください
誰か助けてください

 この日記がネット掲示板やツイッターで紹介されると、「2ヵ月でここまで追い込めるってスゲーな」「やめるって選択肢に辿り着けてないって、もう完全に精神を病んでるよな…どんだけ追い詰めてんだよ」など、ワタミへの批判が殺到した。

 また、ワタミ株式会社取締役会長の渡邉美樹氏が、この報道について言及したツイートも物議を醸しており、炎上状態になっている。
9cf8f5df97497b3cff1c66503c993cca.jpg
労災認定の件、大変残念です。四年前のこと 昨日のことのように覚えています。彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。労務管理 できていなかったとの認識は、ありません。ただ、彼女の死に対しては、限りなく残念に思っています。会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです

 ネット掲示板やツイッターでは、渡邉氏のツイートに「100時間残業させといてみんなでケアしてたとかよく言えるよな」「こんな人間が都知事になってたらと思うと恐ろしい」など、批判を通り越した“呆れ声”が相次いだ。さらに、「人件費ケチった結果が信用と莫大な金を落とすことになるんだよ」といった批判も、この報道を機に噴出している。

 なお、22日朝には、バングラデシュで学校を作る事業と、過労自殺を認定された社員を結びつけるツイートを投稿した渡邉氏。

 バングラデシュ 朝、五時半に、イスラムの祈りが、響き渡っています。たくさんのご指摘に、感謝します。どこまでも、誠実に、大切な社員が亡くなった事実と向き合っていきます。バングラデシュで学校をつくります。そのことは、亡くなった彼女も期待してくれていると信じています。

 ツイッターでは「彼女が期待することは働きやすいワタミの環境を作ること」「『亡くなった彼女も期待してくれている』というのがどうしようもなく独善的」「日本企業の経営者なら、バングラデシュで学校作る前に社員が自殺しないようにすべきでしょう」など批判は止まず、火に油を注いでいる状態だ。
 非常にワタミらしいと言うのか何というのか...だから和民には行きたくないんだよね。最もあそこは一度行ったけど高くて美味しくない。その辺のあまりぱっとしない郷土料理をつまみに出す店の方が全然ましです。鹿児島、特に天文館ってとこは。

 なんで、福祉と飲食業はこんなに労働環境が似ているのだろうか?とこう言う労災系のニュースを見るたびに思います。つか、職業モラルをトップが全く認識していない。「トップが傲慢」と言うのも共通しているような気がしますね。

 労務管理が出来ていなかったとは思いません、と言う渡邉美樹氏の発言も実際おかしい話で、出来ていれば最初っから死を選ぶような行動は取っていない。逃げることも実際大事なんだけど、そう言う思考さえ出来ないレベルまで追い込んだのは誰ですか?そう言う意味で責任取るべきは渡邉美樹氏なんだろうが、

「彼女が期待することは働きやすいワタミの環境を作ること」「亡くなった彼女も期待してくれている」

 ...多分違うわ。彼女はおそらくワタミを呪いながら死んだのだから。加害者のコメントでも何でもないだろ、こんなもん。

 彼女のコメントは県教委に殺された久留恵さんや未来を潰されたMちゃんの言葉とも被る。本当に許すべきではない。

 ...決めました。

 ワタミグループの飲食店は絶対利用しない。また、いざ転職(ま、今のところ無いけど)の際、ワタミグループは完全に転職リストから外す。また、関連事業所の利用は絶対しない(最も鹿児島には施設はなく、タクショクのみですが、それもね)。

 この状況を見て一般の利用者が駄目、と言う判断してこの会社のサービスや製品を使わないようにすることが渡邉美樹氏を反省させる唯一の方法ではないか、と思うんですけどね。

 傲慢な経営者は悲惨な最期を迎えるもんですよ。覚えておいた方が良い。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 17:02| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスター達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。