2012年02月16日

Facebookは閉鎖的、と言う持論を持つのはかまわんが、世界中から笑われまっせ、そんな戯言。

 ある意味売られた喧嘩を買う状況(そういう性格は直さなきゃいかんのは分かってるんだけど、あまりにも酷くてガマンならん)の話になってしまいますが。

 Twitter上で複数の人間に対して影でこそこそ悪口呟いている方がいらっしゃいましてね。木滑由史 @ww_morと言う方なんですが。元専門学校の教諭で今は普通の会社員、ボランティア大好きでその自慢が鼻持ちならねぇ、そういう人なんですが。

 ネット関係に詳しいと自称されており、確かにそれはそれで...、と言うレベルなんですがこちらが「Facebookは良いよ」と話したら以下の文章で応戦しやがったので...


 
木滑由史 @ww_mor

何度も言うけど、公共団体がFacebookがメインってのはどうなんだろう?所詮SNSだから資料を読むのに適してなくて検索も印刷もやりにくい。サイトを無理に組み込んであるから一部のコンピュータからはうまく見れない。SNSは検索エンジンから除外されつつあるし。閉鎖的すぎる。

流行ってるからって無計画に全部移行とかド素人としか思えない。世界中に公共・民間企業含めて何百万というオフィシャルサイトがあるが、なぜそれらのほとんどがFacebookに全面移行しないのかの理由を少しは考えてみた方がいい。彼らはWWWの研究に研究を重ねている。参考になるはずだ。

言っておくが、世界中の賢い民間企業の多くがオフィシャルサイトをFacebookに全面移行などという馬鹿げたことをしないのにはわけがある。別に技術力の問題でも先進性の問題でもなんでもない。情報発信と情報交換とをきちんと切り分けて整理する能力があるというだけだ。

サブセットだから不向きな用途も抱え込んでしまうというのも理由のひとつなんだけど、もうひとつプロプライエタリの問題もある。WWWというのはW3Cの勧告とか見ればわかる通り当然オープンな規格だからいいんだけど、特定の企業のサービスに公共のオフィシャルを委ねるってのはどうなんだろう?

プロプライエタリってのは様々な理由でそれを利用できない環境が発生してしまう。それは公共サービスとしては論外だと思うんだけど。デファクトスタンダードにまでなってしまえば問題ないんだけど、現状ではまだそれには程遠い。Facebookはシステムとして複雑すぎるのがその一因かもしれない。

 いや〜、ぱっと見最後辺りが意味わけわかめで非常に素敵です。

 じゃ、反論の時間。

「何度も言うけど、公共団体がFacebookがメインってのはどうなんだろう?所詮SNSだから資料を読むのに適してなくて検索も印刷もやりにくい。サイトを無理に組み込んであるから一部のコンピュータからはうまく見れない。SNSは検索エンジンから除外されつつあるし。閉鎖的すぎる。」

 何度語っても、あなたのフォロワーは同じレベルの罵詈雑言大好きな41名しかいないんですが...あ、別アカウント持ってるとかだから、そちらでも語っているのかな?だがそちらのフォロワーにも迷惑な話だ。

 まず、基本的に自治体のWebサイト、いや、全ての企業の形式はWWWで作るように定められているものでもないということ。貴方の大好きな法律のどこにそういったことが定められているのかな?民法の第何条に書かれているのかどうか、まず出してきてみ?

 サイトの形式はその時々の時流にあったものでも充分活用できるだろうと思う。武雄市がFacebookを利用しているのは、欠点を念頭に入れつつもそれを遥かに凌ぐ利点(即応性やコスト面、情報の透明性など色々挙げられますが)が多かったから、とは考えられないんだろうか?

 現にこういった話も有ります。

『武雄市は昨年8月、公式サイトをフェイスブックへ移行した。月5万件だった訪問数は330万件へ激増した。職員のうち101人はすでに実名で利用しており、市 フェイスブック係の山田恭輔係長(43)は昨夏の豪雨の際、増水した川を携帯で撮影して載せた。山田さんは「市民から『状況が分かり助かった』と投稿があった。素早い情報発信ができた」と話す。「イノシシを駆除して」といった陳情を書き込むと担当課が受け付ける。トップダウンで進める総務省出身の樋渡啓祐市長(42)は「市民とのやり取りが可視化され、お役所仕事は通じなくなった」と語る。(中略)佐賀県武雄市が全職員へフェイスブックの登録を義務づけるのは、4月から庁内ネットワークそのものをフェイスブックへ移行するためだった。樋渡市長は「国へ送る重大な個人情報は専用回線で送信するが、年間600万円かかる庁内ネットの大半は移行できる』 

 勿論高齢者のデジタルディバイドの問題もある事は否定しないけど、そこは高齢者にかかわる職種や家族がフォローしあえれば問題は無いだろう、と思いますし、それなりのフォローは行って当然でしょう。

 資料を読む、という事についてはサーバーの中に書類のpdfを保存しておき、リンクで見るようにすれば問題は起こらない(現に我々はファイル交換の際メールのみでなく、フリーのアップローダを介してやり取りを行う事も多い)。印刷すべき資料や様式だって同じ。現に厚労省は介護保険の情報をpdfで配布しているしねぇ。最もあれは時系列で資料探すの結構大変で、三重県の介護保険課のほうを見たりしてますが。

 閉鎖的?おそらく武雄市やその関係者などは武雄市のFacebookのフィードを購読している事でしょう。購読さえしていれば、自分のタイムラインに情報は流れます。メッセージなどで双方向の交流も可能ですしね。閉鎖的になると考えているのは、Facebookのシステム自体を熟知されていないからだ、と思います。


「流行ってるからって無計画に全部移行とかド素人としか思えない。世界中に公共・民間企業含めて何百万というオフィシャルサイトがあるが、なぜそれらのほとんどがFacebookに全面移行しないのかの理由を少しは考えてみた方がいい。彼らはWWWの研究に研究を重ねている。参考になるはずだ。言っておくが、世界中の賢い民間企業の多くがオフィシャルサイトをFacebookに全面移行などという馬鹿げたことをしないのにはわけがある。別に技術力の問題でも先進性の問題でもなんでもない。情報発信と情報交換とをきちんと切り分けて整理する能力があるというだけだ。」

 あの〜、産経新聞の記事を読んでこれ書いているんでしょうか?武雄市長の樋渡さんは「このスピードの時代にこれまでの手段ではやっていけない。フェイスブックだっていつまで続くか分からない。もっといいツールが現れれば、乗り換える」とおっしゃってますけど?それと、基本的なWebとSNSの使い方を良くご存知で無い様子なので....。

 基本的にWWWは会社窓口兼カタログ、SNSはお客様サービスセンターだと思います。と呟いたら意味が解らない、とほざきやがった(マジです。ここで相当酷い事も呟かれてます)ので言い換えましょう。

 WWWはCDやDVD、SNSはコンサートやライブ。CDやDVDでは双方向の交流と言うのはほぼなされないのが一般的ですが、ライブならどうでしょう?アーティストとお客さんとの一体感は双方の交流では無いんでしょうかね?武雄市はCDセールスに重きを置くバンドじゃなくて、ライブに重きを置くバンド、例えるなら1980〜90年代のハウンドドッグとか、70年代から現在まで世界中を熱狂のライブに巻き込んでいるAC/DCみたいなもんだ、と言えばわかりますか?

 CDセールスだけで済むアーティストならそれはそれでいいけど、ライブを大事にしたい、と言うアーティストを否定すべきじゃないし、そんなこと主張するロックファン、ある意味失格です。1966年以降のビートルズのように一時代を築いて後はやりたい事が出来る、そこまでの企業や組織であるなら別にWWWのみでもかまいやしませんが。もっとお客様の声を聞きたい、ユーザーとの交流で新しい物を作りたい、と自らを前向きに考えている企業は現状オフィシャルはともかく、どんどんFacebookに進出しています。小さな田舎の個人商店や企業だけでなく、国際的な大企業でさえもね。

 それにFacebookのお友達の全員(自分だけかも知れんけど)にいえるんだが、基本前向きで明るく、細かい事にこだわりすぎず前を見て自分の道を進んで行こうという方が非常に多い(特にSさん御夫妻とか)。そういう姿勢に感銘を受けてFacebook上では福祉以外の業種の方とも交流を始めています。あの中で貴方みたいな毒ばかり吐いて、ネガティブな事ばかり書き込んでいたら友達は逃げていくだろうね。

 それとオフィシャルサイトが全面移行できない理由は他にもあると思う(仕事の関係とかしがらみとか金の問題とか)し。全面は流石に例としては少ないでしょうが、武雄市に続け、と企業や組織が進出した場合、これはどう説明されるのでしょうかね?貴方の言う所の「ど素人」なんでしょうか?こういう行動を自分なら逆に「良く英断した!」と前向きに評価しますが、貴方のようなネガティブな方にはそうは見えないんでしょうね。自らの冒険心の無さをここで露呈してどうするんだか。


 「サブセットだから不向きな用途も抱え込んでしまうというのも理由のひとつなんだけど、もうひとつプロプライエタリの問題もある。WWWというのはW3Cの勧告とか見ればわかる通り当然オープンな規格だからいいんだけど、特定の企業のサービスに公共のオフィシャルを委ねるってのはどうなんだろう?プロプライエタリってのは様々な理由でそれを利用できない環境が発生してしまう。それは公共サービスとしては論外だと思うんだけど。デファクトスタンダードにまでなってしまえば問題ないんだけど、現状ではまだそれには程遠い。Facebookはシステムとして複雑すぎるのがその一因かもしれない。」

 一般企業でも自社サーバーを持っていない場合はオフィシャルもある特定のサーバー会社に委託し、独自サービスを利用するケースもあるんですが...向き不向きでいえば、即応性と言う意味ではFacebookは企業や公共機関にはむしろ向いているのでは無いのか?と言うのが個人的な考えです。

 クラウドとしても使えるシステムでも有りますしね。このシステム応用すれば幾つも施設を持っている社会福祉法人でも利用者の情報共有(もちろん見れるメンバーを限定した上で、としとかないとあの木滑さんはそこを突っ込んでくるのでwww)使えるよね?と以前福祉関係の友人と話したことありますし、FacebookとSkypeを連携させた研修などもうちらの業界ではまだ小さなレベルながら始めています。これすら「ど素人」の一言で否定でしょうか?

 木滑さん、どんだけ偉いWeb関係者やねん、あんたは。


 全世界8億人が使っている世界最大のSNSに対して「Facebookはシステムとして複雑すぎる」と言い切るところも素敵ですね。複雑すぎるシステムで北アフリカ各国は革命が起きて前政権打破されたのかぁ...ふ〜ん。おいらはそんなこと言うだけの勇気もないし、そもそも使いにくいとも思ってない。Twitter使えれば即移っても使えるレベルですけどね。

 誰でも分からない言葉を羅列して説明するとこなんかも行間に「ぼくってすごいでしょ〜」という高慢な姿が垣間見れます。難しい専門用語で説明したり、意味の取り難い言葉で攪乱し、間違っていたらはしゃいで攻撃するのもあなた方のような論破することにしか自分の存在意義を認められない左向きで赤い人種(自治労や日教組)が良く使う手口でしたっけね?

 Facebookが全世界のSNSのスタンダードになる勢いであることを認めていないこと、それに対してここでは呟いていないけど「MIXIやTwitterの方が将来性があってすばらしいSNSだ」と断言していること...この人本当にWebについて分かっているのかなぁ...?これで元教育者なのかなぁ...?ここまでどぐされた心の持ち主でもボランティアと言う偽善は出来るんだなぁ...?電脳コイル言うほど面白くなかったけどなぁ、個人的にはひだまりスケッチのほうが好きだけどなぁ...?と心配になります。

 あと、Twitterの自己紹介に「毒吐きアカウントです」とあるけど、人としてこれ、どんなもんでしょうか?わざわざそんなアカウント作る事自体理解不能です。

 自分に二面性が有り、片やニコニコして声優さんや同じ趣味をもつ人たちと交流しているけど裏では竹原元市長や武田邦彦教授、さつまさんやおいらに対して「女子高生ならリストカットしている」レベルの罵詈雑言を本人に聞こえないようにこそこそ呟いている...

 身近にこんなんいたら引くわ、正直。

 たぶん社会人としては失格レベルだろうな、と思います。表の顔にこの状況ばれたら果たしてどう釈明するか、と言うのも一度みてみたい気はしますけどね。最もTwitterや2chで同じ事やってる連中も似たようなもんですが...。やるなら堂々とやれよ。直接このブログに反論書き込んでみろよって。でも正体バレが恐いから絶対にやら無いんでしょうけどね。

 最後に。

 他人にWebのこと説教する前にWebpagethatsuck.comを原文で読んでから出直して来い。

blogram投票ボタン


 
posted by y-burn at 11:09| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252511461

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。