2012年01月29日

今回の介護報酬改定の感想...「僕には明るい未来が見えません〜!」いや、冗談抜きでだよ。

〜介護報酬改定、ネット上で否定的な声多く 〜

 2012年度からの新たな介護報酬が25日、小宮山洋子厚生労働相に答申され、決まった。メディアの報道を受け、短文投稿サイト「ツイッター」には投稿が相次いだが、改定を否定的に受け止める声が広がっている。特に、新サービスでのヘルパー不足、国が推進する施設介護から在宅介護への移行、生活援助の時間区分見直しなどに懸念の声が上がっている。

 12年度の介護報酬改定では、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けることを目指し、一日複数回の定期訪問と随時の対応を組み合わせた新サービス「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」(24時間訪問サービス)が創設されるほか、年度末で終了する介護職員処遇改善交付金に代わり、ほぼ同要件の「介護職員処遇改善加算」が新設される。また、訪問介護の生活援助サービスについては、基準となる時間区分が60分から45分に見直された。

 24時間訪問サービスの創設に関しては、「24時間ヘルパーが来る体制と言ったって、職員が少ないんだから、来れないのが現状なのに。現状知らない人が作ってるとしか思えない」「人手足りねーってゆってんのに24時間体制のサービスって(笑)」など、サービスを提供できるだけの人材を確保できるか疑問視する指摘が相次いでいる。
 また、「施設から在宅介護への移行を図る」との12年度改定の方向性に対しても、「家で介護できるなら最初からやってるから」「介護施設を作る資金も人手もないから、在宅介護重視と言っているとしか思えない」「そこまで家で見たいというニーズは少ない気がします。多くの方が『それなら入院されてくれ、疲れたよ』が本音ではないのでしょうか」など、否定的な意見が見られた。

 生活援助の時間区分見直しに関しては、「生活援助がまた削られるのか。またヘルパーさん泣かされるのね」「生活援助が〜45分って、何が出来るんだろう。出来る人には出来るのか」「大半はそれで終わるというけど、終わらないこともよくあるって。単価も引き下げだし、ヘルパーに影響ないといいけど…」など、ヘルパーへの影響を懸念する声が続出している。

 このほか、「『介護職員処遇改善加算』を創設というが、現行維持さえ疑問だ。4万円の賃金アップという民主党の約束はどこへ?」「4万上げるって言うのが実質現状維持。ほらね。もう無理なんですよ、民主党さん」など、09年の衆院選マニフェストで介護労働者の月額賃金4万円引き上げを掲げた民主党に対する失望の声もあった。

 pdfでとりあえず目を通しましたが...ちょっと訳解らない項目なども有り、流石に全体的なコメントはしづらいので、自分が今仕事している「特定施設入所者生活介護」についてだけ言及させていただきます。

 なお、3/15に鹿児島市のみなみホールでカクイックスウイングさん主催で講演会をやってくださる、との事で、これに参加後再びコメントはさせていただきますが...。

 まず、入所費は基本的に一日当たり−11単位〜−13単位の単価減です。一月一人当たり4〜5000円のダウン、という事。めちゃくちゃ荒い計算ですが、50人満床の施設で、職員数で言うなら一人は減らさないとこれまでと同じ賃金は確保できない、という事ですかね。ここのところの経済状況や介護福祉の流れからしてある意味予測できていた事では有りますが、特に賃金計算などを行う事務方はビックリしただろうな、という事は容易に想像できます。介護職員処遇加算が付いていてもだから何?と言うレベルなんでしょうね。一人4万円の賃金アップは望むべくもない。

 民主党のうそつき♪



...民主党が緒川たまき嬢並に可愛ければ許すんですが、そうじゃないし、何しろ生活に関わるので....

 それと新設された見取り介護加算。要件を充たせる施設が幾つあるか...。要件として

1.医師の診断で回復の見込みがないと診断されたもの
2.ケアプランで利用者家族の同意があること
3.医師、看護師、介護士がしっかり連携し、随時介護が行われている事
4.夜間看護体勢加算を既に算定している事

以上の4つが上げられます。
1.3.の要件はそう難しくないとは思いますが、問題は2.4.ですかね。そもそも夜間看護体制加算を算定している施設はそう多く無いように感じますし。

 一番の問題は2.では無いかな、と。これねぇ。もう直ぐ死ぬ人に対してのケアプランを作って家族や本人に了承を得る、と言うのはお互いの心理的にも相当難しいはずです。

 これ、自分自身経験あるんです。

 以前も紹介したケースですが。

 在宅時代、末期の膀胱ガンで余命半年と言われつつ、9年生きている男性のケアプランを作成したことが有ります。ガン末期と言う自分の居た事業所では自分しか請け負ってないケースで、前の担当者も相当悩んでプラン作成していたのが記録を見て容易に理解できました。

 介護サービス自体はベッドとその付属品のレンタルのみでしたが、最初あった時から「兄さんな元気でよかね」と言われ、毎日甲斐甲斐しく介護されながら、喧嘩しつつも仲がいいご夫婦の家を訪問するのは楽しくて、つい長居してしまったり、別の用で出かけた際にふと寄ってみたりということも有りました(月一回の訪問でいいのに月4回ぐらい訪問したことも有りました・・・土曜日の帰りに寄り道したりね)。

 で、いざプラン作成、となるとこれが...。

 基本、現状維持が精一杯のケースで、リハビリが云々とかは最初から考えられるものではない。何しろ疼痛が始まるとそれまで庭を歩いていた方がいきなり寝たきりになるんだから...。今を生きる、という事を念頭に置いて余計なサービスなどを入れず、とにかく主治医との連携を...とか考えて考えて、とにかくこの方のプランは難産だった事を覚えてます。

 で、担当者会議。

 本人とその奥さん、レンタルサービス業者と主治医で行った(最後の数分だけとはいえ、実際に主治医参加したケースはこれだけでしたね、今考えると)のですが、会議が終わっていざ印鑑をもらう段階になると、本人と奥さん、涙浮かべているんですよ。

 え?まずいプラン作ったのか、俺?と思ったのですが実際は逆でした。

「いままで色んな担当さんがいて、毎回私たちの為に一生懸命すばらしいケアプランを作ってくださる。本当にありがたいことです。ここにいる皆さんがいるから『あと半年の命です』といわれつつも9年間生きてこれた。こういう素晴らしい方々にあって、真剣に考えてくださることに感謝しています...」

 このときは事業所内でパワハラを受けていたり色々あって、軽いうつ状態になってた時期なんですが、自分のやってきたことが少し報われたかな、と言う気がしました。うん、清清しかった。あとで主治医にも珍しく「良かったわね。こういう出会いも大事なのよ」と言われました。

 それから数ヶ月後、配置転換でグループホームに移る際に自宅で挨拶した時も「本当に色々ありがとう、元気でな〜」と笑顔で送ってくださったのは忘れません。それから数十日後、その利用者は天に召された、ということを主治医から直接聞きました...。

 ...見取りの為のケアプラン、毎回こういう風に上手くいくとは思えないんですよね。在宅と施設では違うだろうし、また、このケースはある意味稀ですので上手くいくよ、とも断言できない。もともと維持改善のプランは日常作っているのですが、現状維持のみのプラン、また何時急変してもおかしく無い事をスタッフ全員に周知徹底するのは実際困難では無いか、とも考えます。うちの場合看取り介護のノウハウは自分を含めてないわけでは無いけど、要件充たせなさそうですので...

 あともう一つ。ショートステイについて。

 これはねぇ...。うちは他の介護サービス事業を行っていない単独型なんですが、難しいだろ。

 ある意味サービスをなんでも持っている施設の独壇場では無いか?と思います。特に居宅支援を持っていれば、そちらから流せるわけですからね。あと80/100といわれている入所者数も場合によってはネックになるのでは...?有料老人ホームは価格の高さから敬遠される傾向もあるし、明らかに価格の安い特養待ち、グループホーム待ちで利用する方も多いですから。

 あと、この間の笑福会鹿児島の新年会でも言われているんだけど、県内の特養の殆んどが増床を始めており、それに伴い職員募集を大量にかけている現状が有ります。実際これで有料老人ホームは入所者の転床、職員の退職後の移動等、かなりの打撃を受けているんですよね...。

 介護付き有料老人ホームは特養とほぼ変わらないサービス内容なんですが、以前から特養並の報酬も加算も付いてないし、今回も...特養を超えるサービスは特定施設には必要ない、という事なんでしょうか?

 見れば見るたびに

「僕には明るい未来が見えません」
by Kenso

という言葉を思い出すような内容かな。ただこれでめげないで毎日やっていくのが大事なのかな。

 でも、本気で副業始めるべきなのかねぇ...。 

blogram投票ボタン





posted by y-burn at 13:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 介護保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

介護職員の64%が3年以内に退職 何がそんな不満なのか
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/01/03(木) 18:56:29.51 ID:RtLF7rQn0 ?PLT(12500) ポイント特典岐阜県で昨年度退職した介護職員、..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2013-01-04 00:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。