2011年10月02日

もう田舎とか都会とかの価値観は過去のものになりつつあるんですが...。一部分かりたくない方もいるようです。

〜「 いなかパラダイスー辺境からの問いかけ」〜

「日本地域再生研究所」のサイトを紹介しました。

こんどご紹介するのは、表題のタイトルのブログです。
上記研究所を運営されているかたが管理しています。

http://ameblo.jp/osamuari/

 「地元の人たちに聞くと、その多くから「田舎には何もない。田舎は遅れている」という答えが返ってきます。しかし、それは前の時代の価値観で見た場合のことであって、今少しずつ現れようとしている「次の時代の価値観」から見れば、その田舎こそが「進んだ生き方を実践できるところ」になるのではないでしょうか。

 では、その新しい価値観とは何か?

 それは、自然とのつながりを回復し、自然からの恩恵を享受しながら、心身のバランスをうまくとり、なおかつ進んだ情報技術を駆使して世界とつながった生き方をするということです。

 もちろん、田舎には依然としてさまざまな問題があり、だれもがそこで快適な暮らしができる環境には、まだなっていません。それに、だれもがそうした生き方を望むわけではないでしょう。

 しかし、これまでの生き方(そして社会のあり方)に疑問を持ち、新しい生き方・あり方を模索している一部の人たち――特に一部の頭脳労働者――には、その気になりさえすれば、一足先にそうした新しい生き方を実践できる時代がすでに訪れています。

 このブログでは、長年にわたる「外地生活」を経て郷里に復帰した私の田舎におけるロハス的生き方とともに、外部世界と田舎を結んだ新しい形の地域活性化活動について、ときには写真やビデオを交えながらレポートしていきます。」
  そういえば、古瀬先生のブログからネタ拾うの初めてだよな・・・

 前に東京暮らしを自慢していたおかしなアイコンの人に「都会に出て来る価値のないものだけが田舎に残っている。田舎にいるのはカスだけだ、お前も含めて」とマジで言われましたが、そうじゃないことがこの記事でも良くわかります。単なる言葉遊びでこちらが勘違いして間違えたのを未だに完全勝利と勘違いしているようですけどね、@obugyoさん。最近のつぶやきがただのテレビの感想文だけとは...落ちましたね、あなたも、と言っておきましょう。

 馬鹿はほっといて。

 都会と田舎の暮らし、と言うのはこの間鹿児島哲学カフェでも少し話ししたんですが、人間というのは便利になることを望む動物で、便利になって楽をする、また便利なところに住むことで優越感にも浸れる(人として最低だけどな、それは)訳です。

 しかし、ちょっと待て、と言いたい。

 人、と言うのは便利になることによって、色んなものを失っていくのではなかろうか、と言う事を感じてやまないんです。前このブログでも同じ事書いてますけどね。自分の小さい頃なら出来ていた、自然を使った技術が同じ歳の子供に出来なかったりする(それが嫌だから自分の子供にはそういった自然を使う技術はしっかり教えてますが)。ある料亭の親父さんが言っていた「確かにガスや電気は便利で、炭火は不便だけど、俺はこれが良いと思っているからやっている。人は便利になることで、何か大事なものをどんどん失っている気がするんだ」と言う言葉を思い出します。

 もっと言うのなら、情報の個別化、と言う事、具体的にはネットの一般化によって、都会と田舎の格差というものはどんどん小さくなっている、と感じます。実際、ネットを巧く活用さえすれば殆ど差は無いという認識です。勿論逢って話をするのは重要ですけどね。

 自分自身、もうこの田舎(歩いてすぐのとこでコンビニ二軒に増えそうなところが田舎ですか?と言われると返答に困るな、実際は)で生きていることがロハスみたいなもんだから、逆にロハスがお洒落だ、とか訳の分からんことは言いたくもないし好きじゃないけど、「自然と生活との共生」は大事にしていきたい。ただし、気合いもない人間が簡単にできるほどそれは甘くもないことも良くわかってますしね。

 来月頭にはキャベツや白菜を植えよう。庭には来年使う分のニンニクを植えよう。で、運動会ラッシュが終わったら取りかかろうかな・・・このくらいですけどね、具体的には。でもそれでも良いと思うんだよ。

 都会と田舎、で区別する価値観から逸脱しないともう駄目でしょ、正直言って。どんな場所でも一通りの仕事がこなせる。で、好きな場所が何処なのかで選ぶ。これで良いんだよね。

blogram投票ボタン





posted by y-burn at 19:13| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。