2011年09月29日

「もんじゅ」は、これからの「閉じた」福祉を変えるかもしれない...

で、翌日。

もんじゅ鹿児島のミーティングが天文館で行われました。実は自分自身、このもんじゅ、と言うものについては、あえて殆ど情報を得ないままの参加にしました。だって断片的な情報が入ると逆にすっと入っていかないもんね。

「もんじゅとはなんぞや?」と思われる方はこちらのサイトを参考に。

介護現場をキラキラさせよう!-NPO もんじゅ TOP-:

 このNPOについての詳細は「哲学カフェ」でお世話になっている能勢君が自分のブログで語れるだけ全部語ってくれていますので、そちらを見ていただければ...って、こればっかしかい。

・能瀬のポートフォリオ「もんじゅ説明会に参加してきた

 流石能勢君だ。おいらがグダグダ文章書き散らかすより分かりやすい。

 で、こっからはこの「もんじゅ」と言うシステムについて自分が感じたことを。

1.もんじゅのシステムとして、施設や事業所で問題になったことを話し合い、気づきを得ること。この「気づき」と言うものが実際問題、介護に限らずどの業種でも重要で、それを「時間がないから、人がいないから」で流してしまって、あとになって大騒ぎ、と言う事も実際ある。またそう言った気づきをデータベース化していくことは、最終的にはこの業界にとって相当大きな武器になる、と考えます。なにしろ医療と違い、福祉という分野はなかなか施設や事業所毎の情報(個人情報ではなく、困り毎やfaqのようなもの)をデータベース化できてないんですよね。法的な解釈、と言う意味ではmasaさんとこがありますけど、それ以外のデータとしてはもんじゅは役に立ちそう。今はまだ生まれてすぐの赤ん坊かもしれないけど、これが10年20年経ったら凄い事になりそうだし、それを考えるとワクワクしませんか?

2.もんじゅのセッションについては、明らかに「ケアプランの一連の流れ」であること。でもこれは悪い事ではなく、この流れを熟知すれば他の産業や仕事の分野でも応用は利く(いや、本当は逆輸入なのかな?でも自作PC作るときにはわざとケアプラン的な思考で部品集めましたが)と思っています。我々のようにケアプランに慣れ親しんでいる介護従事者にとっては、このような新しい試みにいつもと近い業務的考え方が応用出来るのは非常に分かりやすくて良いのかな、と。

3.他の都道府県は良くわかりませんが、特に鹿児島の場合、比較的「施設・事業所の中だけで人間関係が成立してしまう。上下関係はしっかりしすぎていて、学習目的であろうが仕事場の話をするのは良くない」という事が目につきます。具体的に言うと、以前自分が相談員として参加した研修で軽い失敗談を話ししたら、あとで同じ事業所から参加していた別の相談員が上司に話して怒られた、とか。うん、要は鹿児島県内の福祉事業所については「少なくとも現場レベルでは他の事業所との交流は見られない」と言いきっても過言じゃない状況なんです。いや、最も私的なレベルでは(専門学校の同窓生とか)分からないよ。でもこの業界に入ってずっとこれは感じていたし、それを個人的には打破したいな、と言うのがそもそものネットに繋いだ理由でもあるし(その流れもあり、自分のSNSは同業者のみにとどまってないんですよね)。
 もんじゅはそういった「施設・事業所での閉塞感」を打破するツール、と言ったら失礼なのかな?それにも使えそうです。やはりね、「同じ志を持っている仲間がいる」と言うのは強いから。

4.で、3.とは逆にも考えるんですよ。鹿児島でもんじゅを根付かせる際に何らかの障害は起こらないのだろうか?と。
 阿久根の例でもおいらは体感しているんだけど、何か新しいことをしようとすると、絶対に障害は出て来る。それまでの変化を希望しない「仕事なんて流れに身を任せればいいのよ」と言いきる人々によってね。これからこのもんじゅを鹿児島に根付かせるには、今回の説明会参加者の一人一人の行動によるんでしょうね。我々、ある意味大きな責務を担うことにも繋がるのかもしれません。でも、自分としてはもんじゅの活動には全面的に賛同するし、支援もしていきたいと思う。
 
 これまで20年近くこの業界に足を突っ込んで、色んな人を見てきた。燃え尽きたり、この世界から離れたくないのに離れざるを得なかったり、井の中の蛙になっているのに気づいて無かったり、とまぁ色んな職員がいるわけだけど、そう言う方々に少しでも光を当てて、お互いに支えていくことも必要ではないのかな、と。また、キャリア的にもそれが出来るだけの時間を自分自身過ごしているわけだから...。

 で、今度は1月ぐらいにもんじゅミーティング鹿児島を行うことになりそうです。自分の事業所からも参加を募りたいけど、するかなぁ・・・

 あともう一つ考えたことがあるんだけど、良いかな?スケジュールを合わせる事が難しいけれど、せっかくなので「財津先生の音楽療法見学ツアー」をもんじゅの前日に絡める(先生土曜の午後はお休みですので)のはどうだろうか...?ただ問題はうちの事務長が素直に納得するかどうかだが、先生の一声には忠実なのでうまく行くかもしれんし。

 また、次回のミーティングには参加させて貰いますのでよろしくお願いします。あとryyohrくん、困ったら声かけて。

 で、実はこの日、もう一つの出会いがあって....なんだけど、それはまた次の記事で。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 20:15| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 講演会・研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

もんじゅ説明会に参加してきた
Excerpt: 今日は13時からNPOもんじゅの説明会に行ってきました。もんじゅと聞くと「高速増殖炉」の方を思い浮かべる方も多いかと思われますが、介護現場をキラキラさせることを目的に活動をされている東京のNPOです。..
Weblog: 能瀬のポートフォリオ
Tracked: 2011-09-30 09:28

もんじゅ説明会に参加してきた
Excerpt: 今日は13時からNPOもんじゅの説明会に行ってきました。もんじゅと聞くと「高速増殖炉」の方を思い浮かべる方も多いかと思われますが、介護現場をキラキラさせることを目的に活動をされている東京のNPOです。..
Weblog: 能瀬のポートフォリオ
Tracked: 2011-10-03 10:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。