2010年04月08日

「けいおん!!」今回もはまるかもしれん・・・嫁から文句言われつつ。

『けいおん!!』2期が放送開始! このために関東に来る人も!

人気アニメ『けいおん!』の第2期が昨晩から放送開始された。第2期ではオープニングとエンディングも一新されるとのことで、『けいおん!』ファンは期待に胸を膨らましているようだ。ちなみに第2期の表記はエクスクラメーションマークが2個となっており『けいおん!!』と表記する。

前回のアニメ放送時は楽器屋に『けいおん!』特設コーナーができたり、ネットショップのアマゾンでも楽器が売れまくるといった現象が起きていた。もちろん今回の第2期でもその現象は免れない。

・『torne』でダントツの1位
PlayStation3地デジ録画キット『torne(トルネ)』では予約ランキングが“4000トル”とダントツの1位を獲得。これはアニメだけに絞ったランキングではなく全放送番組のなかでのランキングだ。まあ『torne』を持っている層からして上位はアニメやバラエティなのだが……。

・関東まで出張してくる人も
中には地方で『けいおん!!』を観ることができない人も。そんな人はわざわざ昨日の放送の為に関東まで移動してきている人がいるというのだ。奈良県民の人はネットブックを持って現地で小型USB地デジチューナーを調達。そのまま録画して帰るという強者まで出現。録画の場所はネットカフェで行ったという。

・オープニングとエンディングは不評?
そしていよいよ始まった『けいおん!!』だがオープニング(OP)がガッカリだったと『2ちゃんねる』を含めネット中で不評だったようだ。同じく期待されていたエンディング(ED)の曲も微妙だったと酷評の嵐だ。そんなオープニングとエンディングの感想を纏めてみた。

・OPひどいwwwwwwwwwwwwww
・OP残念・・・
・OPひでぇなこれ大惨事だろ
・OP劣化したなぁ
・前のOPのほうがいい

・はい糞EDでした
・正直ED微妙かも
・EDびみょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・EDかわいくねえええええええええええ
・前のEDのがいいだろ・・・

これらの感想は1期が良すぎたせいもあったのかもしれない。1期と比較しなければ十分なクオリティであるはずだ。中には「2期の方が好きだ」という声も多少ではあるが挙がっている。

・背景は実在する 比較が楽しい
そして『けいおん!!』といえば実際に存在する場所(主に京都)を舞台にしておりアニメーション中の背景なども実際に存在するものに近い物が描かれている。それがどの場所なのか発見するのもこの作品の楽しみのひとつでもあったりする。1期目はアニメと実写の比較画像まで作られたくらいだ。第2期ももちろん比較画像が作られるのは当然といっていいだろう。一部のユーザーはオープニングの背景の場所を『Googleストリートビュー』で探し当てた人もいるようだ。見ればわかるが確かにそっくり。

・『けいおん!!』に登場するガジェットの数々
そのほかにも『けいおん!!』はキャラクターが身につけているガジェットが実在する物に類似していたりして、そのことで話題になっていたりする。澪が身につけていたヘッドホンはAKG社の『K701』にそっくりだということが判明。また利用している携帯電話やデジタルカメラなども実在する物にそっくり。放送内で登場してきた物は当然のことながら注目を浴び売れまくった。第2期でも数々のガジェットが登場することが期待される。

こんな『けいおん!!』の第2期は来週ももちろん放送される。今期も何かしらのブームを起きるのだろうか。
 またこういうネタを書くと、2ch@公務員板の阿久根関連のスレで、「さも我こそは勝者なり」という感じで悪口書かれそうなんだが、別に言いたければ言えば?だからなんなの?好きなものを好き、といえない方がよっぽどおかしいわけだし、個人の趣味に(犯罪的でない限り)上も下もないわけだし。逆にそう言う偏見でしか人や社会を見る事の出来ない視野狭窄の目の方がよっぽど真人間として恥ずかしいわ。と、ここまで書けば何も言えないでしょ?www

 本題。実はまだ、BS-TBSでもMBCでも未放送(しかし、地方局でも放送、と言うのはある意味画期的ではある)なんだけど、Youtubeにアップされている2期のOP/EDは見た。前回のOP/EDもそうなんだけど、ガレージロックだね。遡ればGSにも行き着くんじゃないかな?曲自体、楽しんで作っているスタッフの顔が浮かんできそうだ。出来、ですか・・・1期のインパクトには埋没してしまうのは否めないけど、これはこれで良いと思うよ。

 とにかく「けいおん」を見て思うのは、ここまで音楽を大事にするアニメも珍しいのではないか、と。曲をしっかり聴けばわかるんだけど、唯のレスポールの音やあずにゃんのムスタングの音は楽器そのまま(ギブソンとフェンダーというツインギターは実はロック界では王道に近い。ムスタングはフェンダーの中でもチューニングが難しい、マイナーなギターではあるのだが)。誤魔化していないんですよね。そこもここまで人気の出た原因ではないかな?誤魔化して、ではいくらそういうキャラ作りしててもボロが出るわけだから。

 一部文句は出ているようだけど、またこれにはまる人々は出てくるんじゃないかな?それこそ前回はフェンダーUSAが「なんでレフティのプレジジョンベースが日本でこれだけ売れるんだ?ありえへんわ〜」と驚愕した、とか最終回騒動とかあったしね。視聴率の問題を言うのなら、これに限らず、TBSは深夜系萌えアニメ(ひだまりとかクラナドとか)を何故ゴールデンタイムにやらないんだろ?ただでさえ視聴率問題で大騒ぎなのに。オタク向けのアニメを流す、と言うそういう決断は出来ないんでしょうね・・・。

 ひだまり終わったらけいおんかぁ。また、楽しませてもらいますよ。

blogram投票ボタン


posted by y-burn at 12:09| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタク文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。