2010年02月13日

波平も萌えた!

〜『サザエさん』に絵柄がまったく違う美少女キャラ登場〜

 テレビアニメーション『サザエさん』に『サザエさん』とは思えぬ絵柄の美少女キャラクターが登場し話題となっている。
8c7cd830.jpg
 話題となっているのは2月7日の夜6時30分にフジテレビ系列で放送された『サザエさん』。『父さんマンガの星』と題されたストーリーに美少女キャラクターが登場する。

 ストーリーの内容はサザエさんの父・波平が少女漫画に夢中になるというもの。ワカメが友だちから借りた漫画を読んだのがきっかけだ。

 あまりに夢中になりすぎて波平が寝言で「カロリーナ……」と叫ぶほど好きなになってしまったようである。カロリーナは漫画に登場するキャラクターの名前だ。

 最終的なオチは「子どもが好きなものに理解があるお父さんってステキ」という感じで終わる。

 脚本家の意図は何なのか? もしかすると脚本家は世の親たちに対して子どもに理解を示すよう『サザエさん』を通してメッセージを発信したのかも知れない。

 この作品ではひとつおもしろい現象が発生している。『サザエさん』のキャラクターたちよりも少女漫画のキャラクターのほうがリアルに描かれている点だ。

 なんとも不思議な世界である。
※あらすじ
・「父さんマンガの星」のあらすじはこんな感じだ。

 ワカメとその友だちは、畑中ちさと先生という漫画家の少女マンガ「ソレントの星」に夢中になっている。ワカメたちは波平に30冊以上ある「ソレントの星」を渡し、「おもしろいから読んでみて」とすすめる。波平はマンガには興味がなく、自分では読まずにサザエに読ませておく。

 しかし、突然ワカメの友だちが家をおとずれ波平に、「おじさん、8巻のラストはどうでした?」と尋ねる。波平は友だちの後ろに立っているサザエのジェスチャーを見てなんとか、「感動して涙が出たよ」と答える。それを聞いた友だちは、「私もあのシーンでは感動して泣いてしまったんです」と言い、おじさんも一緒に畑中先生のサイン会に行こうと誘う。波平は気がすすまないが、ワカメにも頼まれ、ワカメとその友だちを連れ、しぶしぶサイン会について行く。しかし、会場に着いてみるとそこは小学生の女の子だらけ。
 
 この行列に並ぶのはさすがに恥ずかしいため、波平は「向こうで待ってるから行ってきなさい」と場所を離れようとするが、ワカメと友だちは波平も「ソレントの星」に夢中になっていると思っているため、一緒にサインをもらおうと強引に列に並ばせる。そして女の子ばかりの中、畑中先生からサインをもらった。

  とても「サザエさん」の映像とは思えないが、実際に放送された光景である。そして、律儀な波平はサインをもらったことに感謝し、「ソレントの星」を読み始める。それから数日後の真夜中。

 波平とフネは布団で眠っている。すると突然波平が「カロリーナーッ!」と絶叫する。フネは飛び起きて、「どうしたんですか、お父さん」と尋ねたが波平は眠ったまま。次の日、フネはサザエに「お父さんが寝言で『カロリー!』って言うんですよ」と話す。サザエは「カロリーの値でも気にしてるのかしらね」と答えるが真相は謎のまま。そこにワカメがやって来て「それはカロリーじゃなくて『ソレントの星』の主人公のカロリーナだよ」とふたりに教える。そして波平とカロリーナのツーショットが画面に登場。(抜粋)

 実際はこの話は見ていなかったのだが、後でネットで確認(上の通りだ、実際)・・・ま、萌え系というキャラではないにしろ、確かにこのキャラがサザエさんに出てくることは、あり得んわ。

 日本で今、コンピューターを駆使しない、と言うことでは唯一のアニメだけど、あの長谷川町子のキャラクターだから出来るわけであって、普通は出来ないと思う。

 脚本家をはじめとするエイケンのスタッフも冒険したもんだ、と思うよ。確か、あまりすっ飛んだ脚本はスタッフが拒否するんだっけ?このアニメは。以前、三谷さん脚本で「巨大化するタラちゃん」はNG食らったはずなのだが。

 波平さんも56にして萌えを理解したか・・・しかし、これって、実際家族はどうなんだろうな?うちでさえ、その手のアニメを録画してみているのは、何となく嫌な顔されているし。「子供が好きなものに理解がある・・・」では済まんぞ。もっとも、日本中の男性が「萌え」と「萌え」が理解できれば、世界最強の文化国家・・・いや、何でも無い。

 サザエさんも、ある意味ネタ切れに近いのかな?とも感じずにはおれません。40年近く続ける、というのは意外とそういうことなのかもしれないね。



posted by y-burn at 22:51| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタク文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。