2010年01月27日

さらば蠍団

スコーピオンズが活動終了を表明

 ドイツ出身で世界的人気のハードロックバンドのスコーピオンズは24日、40年以上続けてきた音楽活動を終了することを明らかにした。

 スコーピオンズは1965年に結成し、72年にデビュー。世界各地で計3000回以上のコンサートを行い、日本公演も実施している。

 今後、数年かけて5大陸をめぐる世界ツアーを続けた後に活動を終了。最終公演はドイツ国内やニューヨーク、モスクワを検討しており、「最高の状態で自分たちの仕事を締めくくりたい」としている。
  1972年デビュー以来、ずっと走り続けたロックバンドは・・・いや、ベンチャーズぐらいしか思いつかん。ほぼ同時期にデビューしているDeeppurpleやKingcrimsonは活動休止時期があるし、RollingStonesもここまで順調に活動しているわけじゃない。それだけに、もったいないな〜。活動休止は悲しいものがある。たぶんメンバーが60過ぎと言う年齢的な制約なんだろうけどね。そうなるとDeeppurpleもそろそろ・・・。

 前期の「クラシカルで切れまくったギター」なウリ・ジョン・ロート時代も嫌いじゃないけど、後期のポップなハードロックのマティアス・ヤプス時代の方が個人的には好きです。シェンカー兄さんのサイドギターがしっかりサウンドを支えている、と言う面では、AC/DCと似たところもありますが、あっちがブルース基調の乾いたハードロックなのに対し、スコーピオンズは演歌にも通じる「侘び さび 泣き」があったのが、日本で受けた理由でしょう。日本公演ではこんな曲もやっているし。


 あと、スコーピオンズといえばあの「エロかっこいい」(ある意味死語なのか?)ジャケットね。「Virginkiller」のジャケットは今や流通禁止レベルだし、それ以外のジャケットも結構ヤバめな物がねぇ・・・個人的にはそこまで攻撃対象になるのかどうかよくわかんないけどな。児童ポルノが、と言うことなんだろう。

images.jpg
↑アグネスさん卒倒もんだな、こりゃwww

 ついにその旅が終わる蠍団。最後のライブはマイケル・シェンカーとウリ・ジョン・ロートも乱入してのお祭り騒ぎ、で締めて欲しいね、ファンとしては。
blogram投票ボタン


posted by y-burn at 11:30| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139485656

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。